顎関節症の原因は噛み合わせが悪いから?


顎関節症の症状が現れた場合は、原因を特定することが先決です。
きちんと原因を把握したうえで治療に臨まないと、顎関節症の完治は難しいためです。
そこで顎関節症の原因として多いのが、噛み合わせの悪さと言われています。

噛み合わせが悪いと顎関節の上下左右のバランスが崩れてしまい、ダメージが蓄積してしまうためです。
ダメージの蓄積具合は個人差がありますが、悪い噛み合わせは放置せずになるべく早めに治療しましょう。
専門クリニックなら噛み合わせの状態を診断したうえで、適切な矯正法を提案してくれます。
実際の治療方針についてもカウンセリングを通じて決めてもらえるので、治療前に不安を感じることはありません。

また、治療費に関してもカウンセリングで相談できます。
限られた予算で噛み合わせを矯正したいのであれば、事前にカウンセリングで話を聞いておきましょう。

顎関節症は悪い噛み合わせが原因になっていることが多いので、早めの診療を心がけてください。

This entry was posted in 噛み合わせ治療を受けたい!. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります