顎関節症は悪い噛み合わせで発症するの?

Pocket

顎関節症は悪い噛み合わせが主な原因と言われていますが、他の原因とも複合することが発症リスクを高めてしまいます。
そのため、顎関節症の兆候があるようなら、しっかりと原因を特定した方が良いでしょう。

まず重要になるのが、歯並びの状態など、噛み合わせが正常に働いているか確かめることです。
歯並びが悪くなっていると、日常生活を通じて顎関節に負担が蓄積してしまい、顎関節症の原因になってしまうのです。

また、噛み合わせが悪いと、無意識のうちに額関節へダメージが伝わってしまいます。
例えば、寝ている間に歯ぎしりが酷いようだと、意識していない間にも顎関節症が痛んでしまうのです。
このような状態を放置しておくと、顎関節症が発症するだけではなく悪化が進んでしまいます。
痛みや違和感などを顎に感じるようなら、早い段階で専門クリニックで相談してみましょう。

顎関節症は自然治癒が難しい場合もあるため、適切な治療を心がけてみてください。

This entry was posted in 噛み合わせ治療を受けたい!. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります