悪い噛み合わせを放置すると顎関節症になる?

Pocket

悪い噛み合わせを放置しておくと、顎関節症のリスクが高まってしまいます。
特に気を付けたいのは、悪い噛み合わせの自覚症状が無い人です。

悪い噛み合わせの自覚症状が無いと、いつまでも治療のキッカケを得ることができないためです。
つまり、知らず知らずのうちに顎関節症の原因を放置してしまうので、症状が悪化してしまうおそれもあります。

また、顎関節症の自覚症状がある人は、早い段階で治療を受けておきましょう。
例えば、顎を動かした際に異音がある場合や、歯を噛み合わせた際に痛みがあるようなら、専門医で診察しておくべきです。
これらの症状は進行する恐れがあるため、放置せずに完治まで治療を受けておくと良いでしょう。
さらに、歯並びの矯正や虫歯の治療など、噛み合わせにまつわる部分も治療しておくと顎関節症の予防になります。

完治した顎関節症の再発を防ぐためにも、原因となる悪い噛み合わせをしっかりと矯正しておくようにしましょう。

This entry was posted in 噛み合わせ治療にまつわる注意点. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります